引用ジェネレータ


すべてのスタイルの無料引用ジェネレータ

APA、MLA、ISO690、シカゴ、または英語やその他の言語での引用が必要かどうかにかかわらず、無料のオンライン引用ジェネレーターはボタンをクリックするだけでそれを生成できます。公開された書面では、有効性と盗用を避けるために引用が必要です。正しい引用スタイルを使用することも同様に重要です。引用を誤って挿入すると、無効と見なされ、盗用のマークが付けられる可能性があるためです。

引用とオンライン引用ジェネレータを理解する

引用ジェネレータがどのように機能するか、仕事で引用を使用する理由、および各スタイルの違いを完全に理解するために知っておく必要があるすべてがここにあります。

本文中の引用とは何ですか?

本文中の引用は、引用または言い換えたソース資料を示すために使用されます。エッセイの後ろにあるリファレンスページとは対照的に、短くて読みやすいステートメントに使用されます。これは、リファレンスとして使用したものの、必ずしも引用または言い換えられていないいくつかのソースを参照しています。私たちのようなテキスト内の引用ジェネレータは、必要な形式で正確に引用を生成します。これらのタイプの引用の多くは、引用しているテキストの著者名と発行年を提供することにより、同様に機能します。たとえば、適切な本文引用は次のようになります。「これは例文です(Johnson、1967)。」または、このように:「ジョンソンはこれが例文(1967)であると述べています。」一部の引用では、他の著者の名前、ページ番号、引用されている作品のタイトルなど、より多くの情報が必要です。正確な基準は、必要な引用スタイルによって異なります。

何を引用できますか?

引用 エッセイ
引用
引用 ウェブサイト
引用 メッセージ
引用 手紙
引用 ドキュメント
引用 法的文書
引用 技術文書
引用 ブログ
引用 ウェブページ
引用 記事
引用 ブログ記事
引用 調査書
引用 論文
引用 論文
引用 課題
引用 文章
引用 段落
引用
引用 原稿
引用 もの
引用 リサーチ
引用 マニュアル
引用 小説
引用 出版物
引用 教科書
引用 書き込み
引用 宿題

オンライン引用ジェネレーターは、参考文献ページの引用も生成しますか?

はい、私たちの引用ジェネレータAPIは、テキスト内および参照ページの引用を簡単に、選択したスタイルで生成します。参考ページの引用は、本文中の引用と同様に重要であり、決して無視してはなりません。本文中の引用がある場合は、その引用に従ってレファレンスページにアクセスする必要があります。片方がもう片方なしでは存在できません。本文中および参照ページの引用も同じスタイルに従う必要があります。私たちの引用ジェネレーターは、あなたの仕事のために両方のタイプの引用を生成し、引用がどのように見えるべきか、そしてどのスタイルに従うべきかを理解するストレスを回避するのに役立ちます。

参考ページの引用とは正確には何ですか?

参照ページは、割り当ての最後、つまり最後のページにあります。 1ページだけに限定されているわけではありません。必要に応じて、一連のページにまたがることができます。参照ページの長さは、テキスト内で使用したソースの数によって異なります。このページには、論文内で使用されているすべての引用が含まれており、査読者や読者が出典をすばやく表示するために使用されます。テキスト内で引用するすべての出典は、ここの参照ページに表示される必要があります。このページのタイトルはその目的を反映しています。エッセイを書くときに参照したすべての資料が含まれています。学術出版物には、盗用を避け、書いた情報が真実であることを確認する必要があります。参考ページの引用は、本文中の引用よりもはるかに長くなります。引用スタイルによってフォーマットは変わりますが、通常は著者、ソース資料のタイトル、日付、版が含まれます。私たちの参照引用ジェネレータは、任意の形式で適切な引用を作成するプロセスをすばやくガイドします。

引用ジェネレーターはどのコンテンツで使用する必要がありますか?

執筆課題で使用されるすべての出典を引用する必要があります。参照ページにのみ残るか、本文引用があるかは、使用方法によって異なります。ウェブサイト、教科書、小説、およびその他すべての書面または参照可能なコンテンツを引用する必要があります。これには、YouTube、曲、その他のメディアでのストリーミングビデオが含まれます。個人的なインタビューのようにライブリファレンスを使用する場合でも、その資料が誰からのもので、少なくとも物語的にどのように入手されたかを引用する必要があります。つまり、ほぼすべてのコンテンツを引用できます。より難しい引用には、メディアやWebサイトが含まれます。これらの場合、引用ジェネレータは非常に役立ちます。ジェネレーターは、ソースリンクからすべての関連情報を取得し、必要なスタイルに合った引用を生成できるため、Webページでソース情報を厳密に検索する際の頭痛や時間の浪費を回避できます。

引用ジェネレータを最もよく使用するのは誰ですか?

このグループの人々は引用を必要とする課題で過負荷になっているため、引用ジェネレータは主に学生によって使用されます。ジャーナリストや他の作家も引用を必要としますが、大多数は学生です。理科の授業でフォン語と文法のコースを受講する場合、学生は無数の論文を書く必要があります。これらのレポートのそれぞれについて、教育者が最も好むスタイルで引用が必要です。生徒がそれぞれ独自の引用スタイルを必要とする異なる教師から複数のエッセイを割り当てられると、難しい場合があります。オンライン引用ジェネレーターは、学生の執筆プロセスをスピードアップし、正しいテキスト内引用と参照ページ引用を必要なスタイルで数秒で提供します。このツールは、学生がエラーを回避し、出版基準に準拠した高品質のコンテンツを作成できるように設計されています。ジャーナリスト、教科書の著者、科学研究者も引用を頻繁に使用します。これらは職業ですが、各職業のメンバーが専門家の引用作家であることを意味するものではありません。彼らにとってさえ、引用ジェネレーターは、適切な引用を書くことから混乱と疑問を取り除きます。間違いなく、専門家がオンライン引用ジェネレータを使用することはさらに重要です。なぜなら、公開された資料は学生よりも重要だからです。いかなる状況においても、引用はすべての書面による作業にとって非常に重要であり、無視したり、疑問を投げかけたりしてはなりません。

引用ジェネレータを使用する利点

オンラインのテキスト内引用ジェネレータまたは参照ジェネレータを使用する主な利点は、自分の引用の間違いを回避できることです。これは、ライターがコンプライアンスを維持し、意図しない盗用を回避するのに役立ちます。このツールを使用するもう1つの利点は、適切な引用を記述し、自分の間違いを認識する方法を学ぶことです。もちろん、ソースを誤って引用することを心配することなく、このツールを無限に使用できます。しかし、一部のユーザーにとって、特定のソースに対して適切な引用がどのように見えるかを学ぶことは、それを受け取ることと同じくらい価値があります。一部の情報源には情報が不足していますが、他の種類の情報源(教科書、短編小説、記事など)は、適切に書くのに混乱する可能性があります。どの情報を使用する必要がありますか?どの情報を除外する必要がありますか?主な著者は誰ですか?再発行された場合、何年を引用する必要がありますか?ページ番号はどうしますか?これらはすべて有効な質問であり、適切な引用が提供されれば簡単に答えることができます。その引用を取得してソースと比較すると、どの情報が取得され、何を無視できるかを正確に知ることができます。これにより、オンラインリソースを必要とせずに、将来的に独自の引用を生成できます(ただし、このツールは必要なときにいつでも利用できます)。

私たちに関しては

私たちは、誰もが技術的な必需品を使用できるべきだと信じています。それを実現するための私たちの方法は、さまざまな言語で使用できる単純なアプリケーションを構築することです。私たちの主な焦点は言語ベースのアプリケーションですが、私たちは日常のユースケース向けのツールを構築している最中です。英語以外の多くの言語で役立つ可能性のあるアプリケーションのアイデアがありますか?お気軽にご連絡ください。ご連絡をお待ちしております。

© 2021, Smodin LLC (法的)
サービスメインサイトサインアップログイン

このページはもともと英語で書かれ翻訳されています。訂正がある場合は、ここにEメールを送ってください。 お問い合わせ

スポンサー